商店街の歴史

昭和2年頃

近くに旧日本海軍の基地があったため、海軍の人達が食事をしたり、遊んだりするような料理屋・飲食・置屋待合等が多かった町でした。
昭和5年頃 会員が大阪へ旅行をし、商店街を視察した所、大阪の千日前という場所が現在の千日通商店街と似ていることから、千日通と名づけました。
昭和7年 コンクリート柱のすずらん街路灯を設置し、商店街としての活動を開始しました。
昭和22年頃 キャバレー・パチンコ・飲食店・映画館などが急増し歓楽的性格の強い町になりました。
昭和58年 街路灯を改修しカラー舗道ができ、現在に至っています。

 

ページの先頭へ