ブログ

2012.11.19 - 普通救命講習会。

千日通商店街では『安心・安全』なまちづくりに取り組んでいます。

その一環として、11月19日、消防局内で行われた『普通救命講習会』に参加してきました。

普通救命講習会は、4月から翌年3月までの間に月一回、横須賀市消防局主催で行われています。

事前にテキストが配布され、まずそれを見ながらの講義。
その後グループに分かれ、指導を受けながらの実技を行いました。

当日の参加者は30名ほど。
参加者全員が積極的で、指導員への質問が相次ぎます。

実技は心肺蘇生法とAEDの取り扱い。
胸骨圧迫(心臓マッサージ)は意外と力が必要なことにびっくりです。

いちばん印象に残ったのは、『8分間体験』。
救急車が連絡を受けてから現場に到着する時間は、平均8分なんだそうです。
その8分間を、グループで心肺蘇生とAEDの取り扱いを協力しながら体験しましたが、
思っていた以上に長い8分間。
心肺蘇生は間を置かずに続けているので、終わる頃には軽い疲労感を感じるほどでした。

たっぷり三時間の講習を終了すると、下の画像のような修了証が頂けます。
終了証を手にすると、なんだか身の引き締まる思いがしました。

修了書

12月~3月もこの講習会は開かれます。少しでも興味をもったらぜひ受けてみてください。
終了証を手にあなたも救命リレーの第一走者になりましょう!

【普通救命講習会】(横須賀市)

ページの先頭へ